卒業アルバム

2014年7月25日 at 12:33 AM

6月の最後の週に、妻と実家に帰った。
そのときに、妻が僕のアルバムを見たいというので、小さい頃のアルバムと、中学の卒業アルバムを持ってきて眺めた。

小さい頃の僕と弟は、まるで天使のようだった。いやーかわいいね。あんなにかわいい子供いるんだね。
なのでそれは楽しく眺めることが出来たんだが、問題は中学の卒業アルバムである。

 

卒業アルバムはいつ貰ったんだっけ? 卒業式でだったかな?
あんまり良い写真が無いなと思った記憶がある。
「こんなアルバムでも、将来見たら楽しいのかな」
なんて考えながら眺めていた。
そして、12年くらい経って、もう一度眺める機会がやってきたわけだ。

 

結論から言うと、見ても全く楽しくはならなかったどころか、当時の嫌な思い出が蘇ってきて、非常に不愉快になってしまった。

大半の同級生は名前を覚えていない。先生ですら半分くらい忘れている(学年の先生はさすがに覚えていた)。あちこちに掲載される、中学の先生が好きそうな、浅い浅いメッセージ性。

そしてまた、アルバムの出来じたいがひどい。一言で言うと『チープ』
微妙なデザインの表紙。安く仕上げたのが非常に良く分かる紙。

そして物凄く生徒の生活に干渉してくる学校だったよな、と、アルバムを読んでいて思い出した。

多分、二度と開くことはないでしょう……。