頑張ってとしか言えない

2014年4月23日 at 1:05 AM

ネットに個人的な悩みだったり、今抱えている問題だったり、仕事の現状報告なりを書きたくなる気持ちはわかる。
だけど、読まされる側としては、知らない人の悩みや個人情報を書かれたところで、ただもやもやした気持ちが残るだけだ。

例えば、自分の個人情報をある程度出していれば、相手がなぜ辛いのか、なぜ苦しいのか何となく想像ができる。そこから共感だってできるだろうし、自分に置き換えて解決策を考えたりすることもできる。

だけど、ネットだけのつながりでよく知らない人が、よくわからない悩みを延々と投稿していて、それを読んだところで僕は何もできない。
「いやなら見るな」と言われても、そういうのを避けることができないことは結構ある。

頑張ってね、って言えばいいんだろうか。